浪速の弁慶が聞いて呆れるボクシング

浪速の弁慶が聞いて呆れるボクシング



WBC世界フライ級タイトルマッチ12回戦に挑戦した

“浪速の弁慶”こと亀田大毅だが、王者・内藤大助に0-3の

大差判定で敗れ初黒星だ。


世界王座奪取の最年少記録(18歳9カ月10日)の更新を狙って

の世界初挑戦で試合前日の調印式では「負けたら切腹」まで宣言

したが結果は、老かいな内藤選手が一枚も二枚も上だった。


試合後には王者・内藤選手に「前王者のポンサクレックに比べて

全然弱かった」と評された。



パンチ 亀田一家よ顔を洗って出直せ!!!

出来もしない大ぼらを吹く前にもっとスポーツ精神を磨け!

いい物は持っていることには違いないのだから回りの大人に

惑わされずに素直にボクシングをしろ。


関連
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071012-00000004-dal-fight
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071012-00000002-dal-fight
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071012-00000039-mai-soci
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071012-00000117-reu-spo

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。